VOICE

マ・メゾン弐番館

転職を機に見つけた運命のお部屋

30代/男性

前職の花屋を辞め、実家に戻って転職を考えていたころ、友人が中川区で仕事を紹介してくれたことをきっかけに、このお部屋と出会いました。

予定より早く着きすぎた面接の当日、ふと「もし転職がうまくいったら、職場の近くに住んでみようかな」と思い立ち、物件を調べていたところで「マ・メゾン弐番館」を見つけました。

Webサイトにあるお部屋テーマの紹介欄には「フィンランドの食堂」とあり、以前見た、フィンランドの食堂を舞台にした映画さながらの明るい色の木製キッチンや、ブルーグリーンのクロスをあしらった洗面所に心惹かれ、面接が終わってすぐに内見予約をとりました。

入居を決めた際、改めてその映画を見返して「せっかくこのお部屋に住むのだから、インテリアを北欧テイストにしてみよう」と思い、「フィンランドといえば?」をお題に発想したキーワードをノートにどんどん書き出していきました。そこで出てきたいくつかのキーワードをもとにお部屋で実現したものもあります。

たとえば「寒い」から連想して、温かい煮込み料理に似合う深めのスープ皿を買ってみたり、「サウナ」からは、お風呂にフィンランドのサウナで使われている天然のマッサージ器とも呼ばれる「ヴィヒタ」という白樺の葉の束を吊るし、ヒノキの板を並べて本場のサウナ風にアレンジしたりしました。また、フィンランドといえばやっぱり「ムーミン」ということで、大きなぬいぐるみを迎え、今ではくつろぎの時間をともに楽しむ仲間です。

ベランダのプライベートガーデンと
花のある暮らし

「いつもお部屋に花があるといいな」と思っているので、室内にも水やり不要なエアープランツや観葉植物・フェイクグリーンを組み合わせてあちこちに緑を飾っています。

そして、ゲストが来る特別な日はおもてなしのために飾る花を、市場でいろいろと考えながら選んで買うのも楽しみの一つ。

心に留めている「花を買う時のモットー」は、「値踏みせず、きれいだと思った花を買うこと」です。

園芸が好きな父の影響から小さなころから花が好きで、「マ・メゾン弐番館」特有の広いベランダを生かして、プライベートガーデンを作りました。

育てているのはハーブやオリーブ、ゼラニウムやミモザなど。毎朝、たくさん並ぶ鉢に水やりをすることから一日が始まります。

ほかにも、ベランダにあるDIYで作った本棚やウッドチェアに腰掛けて、お風呂上がりに飲むビールはとっておきのひととき。

いつでも帰ってきたくなるような、心からくつろげるお部屋で暮らすことで、元気をチャージして「また明日からも頑張ろう」と思えます。

昔と今の自分をつなぐ北欧インテリア

インテリア好きのルーツを紐解くと、祖父の代から住み継ぐ実家をリフォームした時のことを思い出します。

当時、インテリアコーディネーターの方が北欧家具を取り入れたイメージデッサンを描いてくださり、打ち合わせを進めていくうちに、モダンと北欧テイストが調和した想像通りの素敵なお部屋に仕上がっていくプロセスに心打たれました。

それ以来インテリアに興味を持つようになり、「アトリエ」と名付けた実家の自室には、これまでに集めたたくさんの雑貨やインテリア家具をストックしています。

昔から季節に合わせた飾りつけをするのが好きで、北欧が好きになってからはクリスマスがますます楽しみになりました。

こちらへ引っ越してから、お気に入りの空間を作り上げていくなかで、イメージデッサンを見返すきっかけがありました。

当時のリフォームでは採用されなかったものの、描かれていたテトラポッドの形の間接照明が忘れられず、どうしても手に入れたくなりました。

調べてみると廃盤になっていましたが、運よく中古の状態のよいものを見つけ出し、今ではお部屋のアクセントにもなるお気に入りのアイテムです。

そんな昔と今の自分をつなぐルーツとなったそのデッサンは、今でも額に入れて大切に飾っています。

このお部屋で暮らすうちに、「あの映画の食堂の壁のように、フィンランドブルーの板を貼ってリノベーションしてみたい」「いつかフィンランドを旅してみたい」という夢がいくつも生まれ、自分の好きなもののフィールドがますます広がっていくのを感じています。

これからも日々の暮らしを楽しみながら、このお部屋で自分の世界を深めていきたいと思っています。

【小さな英国村】
村長&助役(大家)より

フィンランド現地まで視察におもむき、
そのテイストを基にリデザインしました。

取材当日は、北欧テイストが絶妙にコーディネートされたお部屋で、実物大のムーミンがお出迎えしてくれて、まるで「ムーミンカフェ」にお邪魔した気分になりました。しかもBGVには映画「かもめ食堂」と美しい大輪の芍薬、その見事なおもてなしの心に、取材ということを忘れついつい長居してしまいました。

「マ・メゾン」シリーズのおすすめは、どのお部屋にもテーマがあって、「ここに住んだらどんな風に暮らそうかな」と想像が膨らむところです。今回、インタビューしたご入居者様のお部屋のアレンジを参考にしたり、Webサイトのお部屋紹介にはそれぞれに合うような照明や家具、雑貨や造花などを飾っていますので、入居後のお部屋づくりの参考になりましたら幸いです。

これから「マ・メゾン」に入居される方も、そして現在住まわれている方も、お部屋のテーマに合わせて手持ちの家具や雑貨を置くだけでなく、さらに自分の好きなものの世界を広げながら、自分だけの「理想のくらし」を叶える空間づくりを楽しんでほしいです。
もちろん村長&助役もいっしょに「いとしのわが家を理想のくらし」にするご相談にのりますよ♪

Mさま、ご協力を頂きまして本当にありがとうございました。

仲介手数料無料・お問い合わせ・見学をご希望の方へ

メールフォームよりお問い合わせください。空室予約も受け付けております。
見学をご希望の方は、お名前とメールアドレス、希望する日時と物件名をご入力ください。
当サイト経由にて直接お問い合せ及び、ご契約頂きましたお客様に限り仲介手数料無料になります。

ページ上部へ